読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いす張り工房AMANOの作業日誌

石川県小松市を拠点に、オーダーソファの製作や既存のソファ・いすの張り替え事業を行っている「いす張り工房AMANO」です。 いす張り工房AMANOとはどんなことをやっているのかを、仕事の近況報告や思ったことを書くことで知ってもらえればと思い、不定期にはなりますが更新していきたいと思います。

たかが・・・されど・・・

1年前の今日、いろんな気持ちを胸に開業届を提出しに行きました。

 

あれからもう丸1年が経ちました。

 

僕の体感としては、

 

あっ!

 

と言う間です。

 

でもすごく昔のことのような気もします。

 

それだけ忙しくさせていただいたということでもあり、

 

たくさんの経験をさせていただいたということでもあります。

 

 

これは両親から常日頃言われる言葉ですが、

 

「感謝することを忘れないように」

 

いろんな人の力を借りて今の自分があるということ、

 

忙しいと思えるほどお仕事をいただけるということ、

 

この言葉の重さを改めて感じる日でもありました。

 

長い目で見たら、たかが1年ですが、

 

この繰り返しが、この先何十年という継続につながると考えれば、

 

されど1年です。

 

これからも変わらず、今の自分にできることを精一杯やっていきたいと思います。

 

まだ産声をあげたばかりの1歳児、

 

よちよち歩きのいす張り工房AMANOをこれからもよろしくお願いいたします。

 

     f:id:amanoisu:20170427234946j:plain

Clubism 5月号 掲載されました!

作業していると、暑くて汗をかく季節になってきました。

心なしか動きもスムーズになってきた気がする、いす張り工房AMANOです。

 

今回は新鮮なお知らせ。

 

4月20日に発売された、「Clubism」5月号の「リペアの魅力」という特集にいす張り工房AMANOを取り上げていただきました。

 

f:id:amanoisu:20170422235023j:plain

 

縁あって声をかけていただき、取材・撮影を経て掲載となりました。

 

椅子張りの簡単な紹介や、張り替えをさせていただいたお客様の言葉と事例紹介が主な掲載内容です。

 

これを機に、こんな仕事があるんだと認識してもらえれば嬉しいですね。

 

今日までに、記事を見たという方からいくつか連絡をいただいています。

雪が降る中取材と撮影に来てくれた雑誌担当の方やカメラマンさん。

事例紹介にご協力いただいたお客様や取引先の方など、掲載に至るまでたくさんの方にご協力いただきました。

 

ありがとうございました。

 

あと数日で開業からちょうど1年を迎えます。

このタイミングでこのような機会に巡り会えて素敵な記念となりました。

 

これからも様々な要望に応えられるように頑張っていきたいと思います。

 

石川県の書店やコンビニエンスストアなどで販売されていますので、よければ手にとって見てください。

他の記事もとても魅力的ですよ。

 

5月号の表紙は、今話題の俳優さんです。

f:id:amanoisu:20170423000813j:plain

M様邸造作ベンチソファ

久しぶりのブログ更新。

ここ2ヶ月ほど時間に追われるお仕事が続き、バタバタと過ごす日々が続いております。

ペース配分がうまくできない自分のスケジュール管理のできなさに頭を悩ませるいす張り工房AMANOです。

その分、手と体をフル稼働してます!

 

今回はここ最近のお仕事の報告です。

住宅のダイニングスペースの一角に造作のベンチソファを製作させていただきました。

 

デザインはある程度決まっていたのですが、ダイニングで食事をするときに使用するので、座り心地は硬めがいいということだったのでクッションの構成も硬めで選びました。

張り地は、テーブルを挟んで対面に置くダイニングチェアの張り地に近いものを選びました。

 

今回の製作で最も気にかかったのはベンチソファの幅。

壁と壁の間に収まる形なので、大きすぎると入らず、小さすぎると隙間が空いてみっともないということになってしまいます。

 

ある程度出来上がった現場に行き、寸法採りをしてから製作に入りました。

 

そして納め終えたベンチソファはこんな感じです。

f:id:amanoisu:20170326232917j:plain

 

ベンチソファの下は収納になっていて、その上に設置するという形です。

収納の幅に合わせて3分割して作り、現場で並べて納めました。

 

納めるまではちゃんと収まるかドキドキ。

ですがしっかり隙間なく納めることができました。

 

両サイドのベンチを置いてから真ん中のベンチを前から差し込んだのですが、

ゆっくりスーッと気持ちよく入っていく瞬間を見ていた担当の方や他の職人の方からは拍手をいただきました。

自分も心の中でガッツポーズしてました。

 

今回のように建物の間取りや設置場所の形状が影響してくる場所への設置は、しっかり図面を確認して、現場も確認することがとても重要だということが改めて分かりました。

 

ただ、どれだけチェックしてもドキドキするものはドキドキするんですけどね。

無事収まった後のなんとも言えない開放感は病みつきになりそうです(笑)

 

f:id:amanoisu:20170326234900j:plain

N様ダイニングチェア張替え

迫り来る初めての確定申告にそわそわしてます、いす張り工房AMANOです。

もうそんな時期かと、時の流れの速さを感じます。

 

今回もお仕事報告。

 

アンティーク調のダイニングチェア座面の張替えです。

全体的にかなり劣化が激しく、破れや座の落ち込み、スポンジが粉状に劣化しているといった状態です。

f:id:amanoisu:20170211000218j:plain

状態がひどいのでカバーをかけて使っていたそうです。

 

f:id:amanoisu:20170211000445j:plain

抹茶の粉じゃありませんよ(笑)

ゴムが風化して粉状になっていてもうボロボロでした。

風化が進むとこうなってしまします。

 

全て取り除き、下地やゴムも新しく交換しました。

ゴムの整形も仕上がりをアンティーク調にしたかったので、それを意識し、

座の中心が盛り上がったような形になるよう取り付けました。

 

張り地はN様のご自宅で使われている家具に合うものを選んでいただき、

仕上がったものがこちらになります。

f:id:amanoisu:20170211001226j:plain

クッションも厚めに入っているので座り心地も良くなりました。

 

f:id:amanoisu:20170211001602j:plain

針隠しと装飾を兼ねている端の仕上げ方はなかなか気を遣います。

でもこの雰囲気の椅子にはこの仕上げがとても合っていて、

全体的にまとまった仕上がりになりました。

 

f:id:amanoisu:20170211002031j:plain

かなりボリュームを出した仕上がりに、

雰囲気が合っていていいねと喜んでもらえました。

 

ただ張り替えるのではなく、どう仕上げたら一番ベストなのかをイメージして

張替えをすることが大事なんだと改めて感じました。

そのイメージを形にできる技術や発想も同時に磨いていかなければ。

日々学びです。

 

そして今日も確定申告に向けての日々の作業も

これもまた学びです。

 

革張りベンチ

年明けから忙しくさせていただいております、いす張り工房AMANOです。

もう2月になりますね。

 

今回の報告は、

昨年いただいたお仕事で、いつも何かとお世話になっているLEONさんからの依頼でした。

 

ベンチタイプのソファの製作で、背もたれと座面が分かれていてどちらも革張り。

張り方も少し変わっており、革を切った切り口を見せる張り方です。

 

文章で書いても、「ん?」って感じだと思うので、

f:id:amanoisu:20170202233827j:plain

通常はミシンをかけた”縫い代”は内側にくるので、こういった仕上げはあまりしません。

今回はこういう仕上がりのイメージでということだったので、できるだけイメージに近くなるようにしました。

ミシンがけにいつも以上に気を遣いました。

こんなに疲れたミシンがけはなかなかありません(笑)

 

仕上がったベンチはこのようになりました。

f:id:amanoisu:20170202235823j:plain

f:id:amanoisu:20170203001815j:plain

後ろも見てもおかしくないようにしています。

f:id:amanoisu:20170203001919j:plain

この端の処理が難しかったです。

f:id:amanoisu:20170203002120j:plain

フレームも細身でスタイリッシュな印象に仕上がっていました。

 

僕はお客様にはお会いしていないので直接感想は聞けませんでしたが、

LEONさんから、気に入ってくれたみたいだよと聞いてほっとしました。

 

普段とは違うやり方は、悩むし時間がかかるし難しいことばかりですが、

自分なりのゴールへ向かって進めていく感覚は刺激的でした。

仕上がったものを見ると、より達成感も感じますしね。

 

これからもチャレンジ精神を忘れずやっていこうと思わせてくれました。

 

でもこんなに気を遣う仕事は年に一回くらいでいいかも(笑)

 

手書き

工房の中なのに、吐く息が真っ白ないす張り工房AMANOです。

 

お仕事報告があまりできずに溜まっていき、

なかなか新鮮な情報として書けていません。

 

随時仕上げ終わった仕事の報告をしていきたいと思いますが、

たまには現在進行形の報告を。

 

張り替えのお仕事もしながら、図面を書く機会がここ最近増えてきました。

 

というのも、オーダーソファの製作依頼がいくつかあり、

提示用や製作図面などいくつか物件ごとに書いています。

 

題名にもありますが、今時手書きです。

 

手書きで書かざるを得ないということもありますが、

個人的に手書きのが好きです。

手直しが大変だったり、時間かかってしまうんですけど。

それでも手書きで書いた図面を見ると、なんかいいんです。

 

って言いながらCADでバリバリやってたりして。

 

これから図面を元に骨組みの準備に入ります。

また製作のお仕事報告させていただきますので、しばしお待ちを。

f:id:amanoisu:20170128000449j:plain

N様一人掛けソファ張り替え

全国的に厳しい寒波が続いてますね。

こちら石川県も大粒の雪が強風に乗ってやってくるといった状況です。

寒さ対策、雪対策をして乗り切りましょう!

そんないす張り工房AMANOの寒さ対策は、

「とにかく厚着と体を動かす」です。

 

久しぶりにお仕事のご報告をしたいと思います。

肘つきでゆったりとした厚いクッションを背もたれに置いた一人掛けソファです。

 

汚れや破れが目立ってきて、買い替えも検討したが他に気にいるものがなく、

張り替えできるのなら張り替えて使いたいとのことでした。

 

張り替え前の写真を撮り忘れてしまったので、張り替え前の状態をご説明。

カバーリング仕様の一人掛けソファで、色はベージュ。

全体的に日焼けや汚れ、破れ、カバーリングのめくれが見られていました。

 

パーツごとに分解できる作りだと判断したので、それぞれを張り込みの仕様に変更させていただきました。

そうした方がカバーリングのようにめくれてくることもなく、張りも出るのでシャンとした仕上がりになります。

 

そうして張り終えたものがこちら、

f:id:amanoisu:20170117063859j:plain

ガラッと雰囲気を変えて濃いブラウンにイメージチェンジ。

とても落ち着いたよりゆったり座るイメージになりました。

f:id:amanoisu:20170117003903j:plain

本来はこれに脚が付いたものが完成なんですが、納品時に邪魔になってしまうので、外したままになっています。

f:id:amanoisu:20170117004650j:plain

納品の際、ガラッと変わったソファに驚きながらも喜んでいただけました。

脚の取り付けで少し手間取ってしまいましたが、無事収めることができたんですが、納品した完成写真も撮り忘れてしまうというミスを・・・。

急いでいるとたまにやってしまうんです。反省。

 

自分専用のソファを自分の好みにカスタマイズするというのもいいですね。

張り変わったソファでまたくつろいでいただければと思います。

 

さぁ、今日もまたぶくぶくに着膨れして仕事に励みます。

無駄に体を動かしながら。