いす張り工房AMANOの作業日誌

石川県小松市を拠点に、ソファ・いすの張り替え事業を主に行っている「いす張り工房AMANO」です。 いす張り工房AMANOとはどんなことをやっているのかを、仕事の近況報告や思ったことを書くことで知ってもらえればと思い、不定期にはなりますが更新していきたいと思います。

雑貨×作家マーケット

暑くなったと思ったらまた寒くなって。

もういいかげん体が追いつかなくなってきたいす張り工房AMANOです。

 

先週末、金沢駅もてなしドームイベント広場にて行われた「雑貨×作家マーケット」というイベントに出店させていただきました。

f:id:amanoisu:20180615055825p:image

 

全国各地から様々なジャンルの作り手の方達が集まって、いろいろな作品を見ることができます。

 

そんな中いす張り工房AMANOが出店したのは、椅子屋さんが作ったシリーズと題しまして、

椅子の張り地で作ったトートバッグ

f:id:amanoisu:20180615060735j:image

ピアスとイヤリング
f:id:amanoisu:20180615060732j:image

アゴ
f:id:amanoisu:20180615060726j:image

折りたたみキッズチェア
f:id:amanoisu:20180615060722j:image

椅子生地で作られているものは珍しいのか、お話しさせていただくと、驚かれたり言われてみればうちのソファのやつに似てるなどの声をいただけました。

 

予想外だったのは、ディスプレイ用に用意した什器への関心が高かったこと。

f:id:amanoisu:20180615061333j:image

特に出店者さんから、これどうやって固定されてるの?作ったの?など聞かれることが多々ありました。

毎回出店する場所やアイテムによっていろいろ考えて用意するので、そこへ注目してもらえるのはなかなか嬉しいですね。

 

たくさんの方に興味を持ってもらえ、張り替えにも関心を示してくれた方もいたのでよかったです。

またいろいろな出店者さんとも交流できていい刺激になりました。また機会があればやってみたいと思います。

f:id:amanoisu:20180615062125j:image

もっと搬入搬出しやすい方法考えなきゃな〜。

T様ソファ張替え

つい先日、おたび祭りというこの地域の大きなお祭りがありました。

お囃子や太鼓の音がいろんなところから聴こえてきて、町中が賑やかになっていました。

もっぱら僕たち家族は出店で買い食いするのがお祭りの楽しみ方ですけど。

 

さて、今回はソファの張替えのご紹介です。

まいどお馴染み、家具工房LEONさんから紹介いただいたT様のソファを張替えさせていただきました。

f:id:amanoisu:20180515061007j:image

f:id:amanoisu:20180515061028j:image

20数年前に購入されたようで、破れや色褪せ、生地のたるみ、クッションのへたりなどかなり劣化していました。

 

張り地は元のイメージを大事にしたいとのことで、グリーンのモケットをお選びいただきました。

 

クッション材も交換、補修を行い形を整えて新しい生地で張り替えます。

そして仕上がったのがこちら、

f:id:amanoisu:20180515061750j:image

f:id:amanoisu:20180515061827j:image

f:id:amanoisu:20180515061950j:image

肘の張り方やクッションの整形に苦労しましたが、とても雰囲気良く仕上がりました。

 

そしてT様のお宅にお納めすると、

f:id:amanoisu:20180515062446j:image

お部屋の雰囲気にもバッチリでした。

こんなに変わるんだねと喜んでいただけてとても嬉しかったです。

 

このソファに合わせたクッションも作りたいとおっしゃっていただけたので、今後のアレンジも楽しみです。

2年

一日遅れとなってしまいましたが、

昨日で開業から丸2年となりました。

 

割合的には、

あっという間:4割

まだ2年か:6割

といったところでしょうか。

 

それだけ忙しく内容の濃い年だったのかもしれません。

3年目も変わらず頑張りながら、色々なことにもチャレンジし、いす張り工房AMANOとしての幅というか奥行きを出していければと思います。

 

お仕事をさせていただく方々やサポートをしてくれる人たちへの感謝を忘れず、これからもいす張り工房AMANOらしく頑張っていきます!

 

頑張れ!自分!!

学校案内書

昨年取材と撮影をしていただいた、卒業した専門学校の学校案内書が届きました。

 

f:id:amanoisu:20180417114321j:image

 

f:id:amanoisu:20180417114355j:image

思ってたよりも大きく載っていたのでビックリしました。(笑)

 

これを見て何かのきっかけになったり、椅子張りなんて仕事があるんだということを知ってもらえればいいかなと思います。

 

いい記念になりました。

S様コーナーソファー張替え

今年の春はお花見に行けましたか?

僕はまだ五分咲きくらいの時期でしたが、気候もあたたかくてのんびりお弁当を食べながら家族でお花見をすることができました。

 

もう桜は散ってしまい、そろそろ夏の気配を感じます。

 

今回は張り替えのお仕事の報告です。

 

前回投稿しました、ダイニングソファの座面をカスタムしたS様宅のリビングソファの張り替えです。

 

大きめなコーナーソファーで、これまでに何度か張り替えをした経緯のあるソファでした。

f:id:amanoisu:20180409154018j:image

f:id:amanoisu:20180409154053j:image

長年使われていたということもあり、座面がかなり落ち込んでしまう状態。

背のクッションも形がかなり崩れてしまっていました。

 

今回の張り替えを機に、座面のクッション材も全て交換することに。

カスタムしたダイニングソファも硬めにしたことから、今回のソファも硬めの材料を使って、しっかり体を支えてくれるクッション構成を提案させていただきました。

 

張り地はS様のイメージを元にいくつか提案させていただいた中から選んでいただきました。

 

張り替え終えて工房で撮影。

f:id:amanoisu:20180412062254j:image

f:id:amanoisu:20180412062342j:image

ガラッとイメージが変わりました。

f:id:amanoisu:20180412062514j:image

クッションも何かアクセントが欲しいということで、クッションの角に背もたれと同じ生地を縫いつけてあります。

かわいく見えつつ、角が立つのでシャンとしますね。

 

このソファを納めると、

f:id:amanoisu:20180412063130j:image

とても存在感のあるソファへと変身して、お部屋がより明るく感じます。

 

座り心地も新品になり、S様も座り心地、張り上がりに満足していただけました。

 

形が独特なだけにひとつひとつ仕上げるのに苦労しましたが、

S様のイメージに近付けるために、今までやったことがないことにチャレンジしたりと、改めて毎回勉強だなと実感しました。

 

大雪の時期の納品で、途中雪道にはまり身動きできないところをスコップを持って助けに来ていただいたりと、S様には色々とご迷惑をおかけしましたが、良い経験をさせていただきました。ありがとうございました!

インフォメーション

ウトウト・・・。

 

してしまいそうな気持ちのいい暖かさが続くと同時に、ひどい花粉症に悩まされるいす張り工房AMANOです。

 

久しぶりの投稿ですが、お知らせです。

 

先日から小松市役所のインフォメーションパネルに、いす張り工房AMANOを載せていただいております。

 

小松市役所の自動ドアを入ってすぐ左手にある掲示板です。

f:id:amanoisu:20180330171016j:image

この掲示板の下の方と地図上に名前が出ています。

f:id:amanoisu:20180330171119j:image

f:id:amanoisu:20180330171549j:image

よく見ないと分からない大きさではありますが、市役所の案内に掲載していただけたことに身が引き締まる思いです。

 

これからも恥ずかしくない仕事をしていかなければと、改めて感じました。

 

もし市役所に行かれることがあれば、いす張り工房AMANOを探してみてください。

 

S様ソファ座面カスタム

雪はもうこりごり。

雪解けの季節待ち遠しいいす張り工房AMANOです。

 

今回は張り替えではなく、既存のソファの座面を好みの座り心地に変えるというお仕事の報告です。

 

ダイニングで使われている肘つきのソファ。

f:id:amanoisu:20180213111443j:image

テーブルを挟んで3人掛けと2人掛けのソファが置かれていました。

 

問題点や要望として、

●座面が沈み込みすぎてテーブルが高く感じる。

●座面をもっと硬めにしっかりしたものにしたい。

●カバーはまだキレイだからそのまま使いたい。

 

などの要望があり、そのらを解決するためにいくつか提案させていただきました。

 

その中から、ウェービングテープが張られている下地を板張りに変更し、座クッションの中身を硬めのものに作り変える方法を選びました。

 

こうすることで、沈み込みは少なくなり下地の板で均一に力を受けてくれるので安定した座り心地になります。

 

本体の座の形に合わせて板を成形して目立たない黒い生地で張り取り付けます。

 

座クッションは中身だけ変えるので、元のクッションから大方の寸法を出して微調整をしながら形を作っていきました。

f:id:amanoisu:20180213231421j:image

元のカバーを使うので、カバーに上手く入るように作るのに苦労しました。

 

仕上がったものがこちら、

f:id:amanoisu:20180213231613j:image

ぱっと見はまったく変わっていません。

ですが座り心地はガラッと変わりました。

 

お納めした際に座って確認していただきましたが、見た目の変化とは裏腹にガラッと変わった座り心地に驚かれていました。

座りやすくなったという言葉をいただけてホッとしました。

 

使う年齢やそのときの体の調子によって座りやすさの感覚は変わってきます。

ソファ自体もクッション材がへたってきたりして座り心地も変わってきます。

なかなか座りやすさの判断を決めるのは難しいですが、出来るだけ要望に近い仕上がりになるように提案をしていければと思います。

 

文章が多い報告になってしまいました。

分かりにくい表現等あると思いますが、なんとなく感じ取ってもらえれば嬉しいです。

 

もっと語彙力を上げられるよう勉強します!

最近冒頭の話を雪のネタでしか初めてない気もしますし・・・。

だって雪すごいんですもん。